絶品日記

正しいカレーみたいなブログ

2018年9月7日 停電の話をするつもりだった

 昨日の地震と停電については、これほど大きなネタはまずないだろうしブログに書かなきゃと昨日の昼頃までは思っていました。
 しかし、空気清浄機の止まった環境でだんだん息ができなくなって、ユンケルを飲んでマスクをつけてぐったりしながらラジオのニュースを聴いていたことを思い出すだけでも疲れるので、詳しく書くのはやめることにしました。
 昨日の出来事を時系列に沿ってメモしたノートが残っているのですが、最初は「こうやってSFとかホラーみたいに記録をつけて気分を盛り上げていこう」というテンションだったのが、次第に呪いの言葉の羅列に変わっていく様子は、私本人は1ミリも笑えないけど割と面白いものが残せた気がします。私はもう読み返したくもありません。
 よく考えてみると、フィクションにおけるこのような記録はだんだんおかしくなっていく様子を描くための舞台装置ですし、これで気分が盛り上がると思っていた時点ですでに正気を失っていたんだと思います。