絶品日記

正しいカレーみたいなブログ

2018年5月21日

今日頑張ったこと
今日から協力戦が始まったのでめっちゃ忙しい。眠い。寝そう。

ところで伺かクラスタだということを忘れられないようにいま立たせているゴーストをたまには書いたりしたほうがいいのかな。昔の同人誌の末尾によくあったBGMみたいな感じで。
今日は『Re;』のThomasさんがずっといらっしゃいます。

どうしても横書きの文章を読むのが苦手だ。インターネット上で連載されている小説を読むときに未だに困っている。
10年前の日本人は今よりも横書きの文章を読むのが遅かったんだろうか。
10年後の日本人は今よりも横書きの文章を読むのが速くなっているんだろうか。

2018年5月20日

今日頑張ったこと
今日はもうほんとうのほんとうに生きてるだけで頑張ったと思う。

私の好きな小説の一節を抜粋しておきます。そのあとは愚痴なので読まなくていいです。ここだけ読んでいってください。

「信じていますとも。僕は神聖なる利己心を信じています!無慈悲を信じています!嘘を信じています!冷酷な心を信じています!
ーーそれだけじゃありません。
 僕はまた親切と友情、愛と慈悲心を信じています!僕はそれを実際に知っています。おそらくは、安楽な生活をおくっている多くのひとたちより、もっと多く知っていると思います」

エーリヒ・マリア・レマルク『汝の隣人を愛せ』より


世界が悪いものじゃないとか良いもののほうがずっと多いとかいう綺麗事じゃなくて、最悪だと斜に構えるのでもなくて、どちらもちゃんとあるということを認めてしまえるところが好きです。

ここから先は今日がつらすぎたという愚痴しかないよ。

私が昼食を摂ろうとしたタイミングで母親が特殊清掃業の特集番組を見始めたせいで食欲をなくす。
やめてほしいと抗議をしたところ母が機嫌を損ねる。今日は家の中で夕食を摂れないことになる。
疲れたので仮眠していたが先程の延長で機嫌の悪い母親の罵声で起こされる。父が母に加勢して、もう聞き取れないほどの罵声を浴びせられる。
夕食の時間なので近所の喫茶店に行ったが休業日だった。
一度家に戻って自転車を出そうとしたらパンクしている。それも不自然な穴からすごい勢いで空気が抜けているので、誰かが故意にパンクさせたらしい。
麺類や米はあれこれ連想してしまって食べられそうにないのでトーストを求めて貧血を起こしながら少し遠い喫茶店まで歩く。
帰宅すると外食について罵声を浴びせられる。

こういう一日でした。
母親の罵声を抜きにしても不幸が重なりすぎていた。
そして怒鳴り声というのはどれだけ聞いても慣れない。疲れる。

それでも、通りすがりのおじいさんがフラフラの私を心配して声をかけてくれたこととか、帰ってきてTwitterで楽しい話をしたこととか、そういうことで救われたので、私は今日も生きています。
そういうのをとてもありがたいと思ったので冒頭の引用をしました。つらい思いをしてよかったとは1ミリも思わないし、静かに幸せに暮らしたいけど、こういうありがたみは死ぬほど追い詰められないとわからないものだなあと思います。

2018年5月19日

今日頑張ったこと
空気清浄機のフィルター掃除

なんだか喉が痛いし眠いので眠気覚ましに日記を書こうとしたけど、眠気覚ましに日記を書くという発想が自分で理解できない。さっきまでは確かに理にかなったことだと思いこんでいたのに、書き始めてみたら間違いに気付いた。
喉が痛いのも今の状態を書こうとして気付いた。これは風邪だな。

私は寝る前に濡れタオルを干したりいろいろしないと体調を崩してしまうので、寝る支度が面倒で、結果的に椅子に座ったまま寝落ちしてしまいがちなんだけど、最近、22時くらいになったら着替えとかを少しずつ始める、というコツを覚えた。これで1時前には寝られるぞ。すごい。
そう思ったはずだったんだけど、たとえば昨日は、PCとAndroid端末との音楽ファイルの同期を、以前はPCをDLNAのメディアサーバーにしていたのを面倒になってGooglePlayMusicに切り替えていたんだけど、やっぱりDLNA環境に戻そうとしたり、別のクラウドサービスを探したり、やっぱりNAS導入が手っ取り早い気がするけどお金をどうしようだとか考えたりしているうちに2時になっていた。
そういう比較的どうでもいいことで気付いたら日が昇っていたりして、なかなか日付変更前に寝るという目標を達成できない。
達成できない、達成したい、と言いながらこうして特に内容も思いつかないのに日記を書き始めてしまった。もうだめだ。

寝る支度は寝るぞと思ってからするんじゃなくてちょっとずつしていったほうがいい、それだけは確かなんだ。
寝るぞ。

2018年5月17日

今日頑張ったこと
シャワーヘッドの掃除

 こないだ転んで怪我した日にお風呂に浸かりながら「明日にでもシャワーヘッドの掃除しよう」と思っていたんだけど、翌日になって腕がめちゃくちゃ痛みだして、整骨院で入浴を禁じられてそのままになっていた。
 ようやく掃除できた。

 ここから時事ネタ。
 母親と何かあった愚痴ではないですけど、いや母親とはどちらかが死ぬまで揉め続けるんですけど、そうじゃない話です。
 マジョリティとか、発言力や立場の強い人達は暴論を掲げても許されちゃう。そんなことが今日も話題になっていましたね。それ自体はここでは触れませんけど。

 「腹を痛めて産んだことに感謝しろ」と言いながら、学生の身分で恋人と清くない交際をすると「子どもができたら面倒を見られるのか」と怒鳴りつける、そんなダブルスタンダードが当たり前のようにまかり通っている。そんなめちゃくちゃが親だから許されている。

 「お前のために働いているんだぞ」も同じ。自分は霞でも食べているのか?子ども産まれなかったらフラフラ無職してるのか?

 みんなそういう暴論を聞かされて大人になった。
 親なんていう一番身近な強者のこんな暴論をほとんどの人間が聞いて育っているのに、弱者叩きがどうのとか言うだけ無駄じゃん?と私は思います。

2018年5月15日

今日頑張ったこと
通院とかあと細々とした用事で歩き回った

朝早くにパプドッグが吐いちゃって起きる羽目になって、そこから、なんか、あれやって、これやって、そういうわけで私は休みたい。


眼鏡を2つ持ちにしなくちゃいけないので、新しい眼鏡を選ぶ参考にするためにすれ違う人のかけている眼鏡を観察しながら歩いた。
私の出した結論はこうだ。
「顔に似合う眼鏡」があるのではない。「なんでも似合う顔」があるのだ。

2018年5月12日

今日頑張ったこと
散髪と、買い物と、眼鏡の修理と、シーツ交換と、部屋の掃除をした。
溜まってた用事を一気に片付けた。超頑張った。疲れた。

 眼鏡の修理をしてもらうついでに視力を測ってもらった。視力検査をしていると、だんだん「私は見えているのに見えないフリをしているのではないか?仮病を使っているのではないか?」という後ろめたい気持ちになってくる。
 ロマンスグレーの渋くて素敵なおじさま(超かっこよかった)(店員さんです)のおかげで、斜視があることが発覚した。店員さんの反応から察するに、今のままでは良くないらしい。どうやら普段遣い用と、本読んだりパソコン使ったりするとき用と、眼鏡を2つ持たなきゃいけないのだそうだ。マジか。
 今のフレームが気に入ってるからかなり無理をしてレンズだけ交換してずっと使い続けてるんだけど、2つ持ちにするのに2つとも同じデザインだとわけわかんなくなるだろうし、でもたまに気まぐれで眼鏡屋さんで試着してもいまひとつ似合うのが見つからないし、困った。

昨日の水銀党弾幕を自分で読み返してさすがに恥ずかしかったし自分でも何を考えていたのか理解できないんだけど若気の至りだと思って残しておくことにします。ていうか眠い。ビール飲みたい。

2018年5月11日

今日頑張ったこと
ずっと抱え込んでいた案件を胃が限界っぽかったのでようやく解決させた。胃が痛い。
クッキークリッカーのAscendをしたのでフレーバークッキー集めで疲れた。

お風呂に入るときの髪のオイルパックにここ1ヶ月ほどホホバオイルを使っていたんだけど、髪がキシキシいってヘアブラシで梳かすたびに絡まるのでオリーブオイルに戻した。ホホバオイルが合わない髪質なのは前から知ってて、もっと軽い感じの髪にしたくて試したんだけどやっぱりだめだったっぽい。
オリーブオイルに変えたら髪を梳かすときに全く絡まなくなった。たった1回なのにすごい。
お風呂上がりのドライヤー前にはホホバオイルを使うことにした。オリーブオイルはかなりベタベタするせいでいつもより1滴多く塗るだけですごいことになったりするので、お風呂上がりはホホバオイルがちょうどよさそう。においもしないし。
ドライヤー前のホホバオイルはまず手に塗ってから髪にも塗ると髪への伸び具合もちょうどよい感じになるし、手もスベスベになる。

なんだか無性にビスコが食べたい気分になって1、ちょうどセブンイレブンビスコが2種類あったので買ってきたんだけど、ビスコって不思議な中毒性がある。体が乳酸菌を欲しがっているんだろうか。

銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様2

1回やってみたかった。もうしないから許してください。


  1. 【4/20~】アイドリッシュセブン×セブン‐イレブンキャンペーンスタート! http://idolish7.com/topics/goods/2018/7210/

  2. big red 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様 † 銀様